1992年に自治医科大学 医学部を卒業後、国内で9年間地域医療に貢献。その後 渡米しスタンフォード大学へ籍を移し、現在に至る。多くの米国医療機器ベンチャーの研究開発や臨床試験等に携ってきており、医療機器開発に対する豊富なアドバイザー経験を有する。日米の医療事情に精通。バイオデザイン協会の理事を務めるほか、2013年からメドベンチャーパートナーズインクの取締役チーフメディカルオフィサーとして、さらに、多くの大学で教鞭をとられる等、多方面で活躍。

取締役 チーフメディカルオフィサー / ディレクター

池野 文昭

Fumiaki Ikeno

MedVenture Partners, Inc / Japan Biodesign, Stanford Biodesign, Stanford University

メドベンチャーパートナーズ株式会社/スタンフォード大学バイオデザインプログラム

Chief Medical Officer / Program Director (U.S.)

Copyright © CancerX, All rights reserved.